光明寺について

三尊宮殿と須弥壇

三尊宮殿と須弥壇.jpg

一般的な三尊宮殿は一つの部屋に三尊が納まっているのだが、この宮殿はそれぞれ独立した部屋に阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩が納まる様式となっている。宮殿の背面には以下の通り傳空上人による墨書が残っていた。これによると約240年前に制作されていたことになる。宮殿が乗る須弥壇はさらに古いものであった。内部に残されていた覚え書きにより、約300年前の制作であることが判明している。いずれも近年は各部の傷みが激しかったが、平成24年秋より本堂の建てかえ工事となり、その間に大がかりな解体復原修理が行われている。

復原修理の様子はこちら↓

https://koumyou-ji.or.jp/voice/archives/137

https://koumyou-ji.or.jp/voice/archives/150

 

奉建立三尊宮殿 安永八亥三月吉辰
京都西六條深○花屋町上所 世話方彫物師 相山○八
當山十一世傳空代

旧本堂内陣.jpg

▲PAGETOP