こだわり住職のよもやま話

十夜会終了しました

2019年11月16日

令和元年11月16日光明寺の紅葉

山寺の秋がまもなく終わろうとしています。ここ数年感じているのですが、秋らしい期間が昔と比べてずいぶん短くなったと思います。大人になると時の流れは早く感じるものです。だから自分自身も変わっている(年齢を重ねていること)ことを忘れてはいけないのですが、それでも日中の気温と朝夕の温度差は昔より極端になったと思います。たった一日で季節がまるで変わったように感じることも多くなりました。突然季節の逆戻りを体感することも多くなりました。それだけ気候変動のブレ幅が大きくなったということでしょう。理屈抜きで肌で感じています。

日本列島には素晴らしい四季というものがあて、日本人の精神性に大きな影響を与えてきたはずですが、徐々にそういう素晴らしい時の流れ、季節のうつろいというものが薄まって来ているように感じています。山寺の紅葉を観察していると、近年はアッという間に終了していまい、いわゆる見頃の期間が短くなってきている現象が気になります。ちゃんと紅葉する前に茶色に変色して枯れてしまったり、まだ紅葉し始めたばかりなのに早々と葉が散ったりする木が多くなってきています。それを眺めていた私はふと、とにかく何もかもがスピードアップして余裕が無くなってきた世間と同じ現象のように感じる今日この頃です。

さて、話しは変わって遅くなりましたが13日に十夜会が開催されたのでその時の様子を掲載します。

十夜会 和歌山県 来迎寺 貴志俊誠 師

今回の説教師は和歌山県 来迎寺の貴志俊誠 師です。貴志師は私とはほぼ10歳違い、今50歳だそうです。実に豊かな声量をお持ちでした。参拝のみなさんと同称十念を数回されましたが、迫力のあるお念仏で圧倒されました。あの声量と声艶でしたら、そりゃ師の読経が素晴らしいものになることは容易に想像できます。王道の本山随身で若い時にきっちり修行されての今日です。すでに僧侶としての経験値も充分。僧侶として今最も充実した時期ですね。遠路はるばる有り難うございました。

▲PAGETOP