こだわり住職のよもやま話

恒例の同行人会へ行って来ました。

2019年04月11日

平成31年法脈相承

4月2日、同行人会出席のため本山を尋ねました。厳しい修行に耐えている後輩たちに、心ばかりの差し入れと「がんばれ、がんばれー」と念力を送る為(?)に我々は毎年集合します。今回で15回目です。私にとっては何をおいても優先すべき行事です。己の人生において、おそらく最も純粋な心で過ごしたあの時間を振り返るために、万難を排して駆けつけます。

平成31年4月2日本山での水行

すでに16年が経過しました。すっかり煩悩にまみれた日々を過ごしている私にとって、毎年この時期に本山を訪れることは、みそぎなのです。今もこの会が続いていてくれること、集まる同行の仲間がいることに心から感謝しています。

さて、本山訪問のおみやげは今年も御影堂の受付で頂ける御朱印です。すっかり恒例になりました。担当の職員さんは3人が交代で対応されているとのことでしたが、初めて御朱印を頂いた3年前から、すべて写真の森 健一さんの日に我々は訪問しています。これもご縁ですね。例によってお経本のカバーに書いて頂きました。

本山御影堂御朱印担当 森 建一氏

今回、森さんの経歴を知る事ができました。かつては長岡京市の秘書課長であられた。なるほど、やはりそうでしたか。見事な筆使い。納得であります。ありがとうございました。

平成31年4月2日 本山御朱印

▲PAGETOP